心の病気は病院で治そう

おすすめ記事

様々な原因

チェックリスト

強迫性障害は、かつては心理的なストレスなどが原因である心因性の精神疾患に分類されていましたが、最近では様々な原因が複雑に絡み合って発症することが有力視されてきています。

詳しい詳細

理解していても

病棟

私達人間は大なり小なり心配やこだわりを持って生きています。家を出る時カギを閉めて忘れていないか突然心配になったり、数字や仏滅、大安などの日取りなど日常の小さな縁起にこだわりを持ったりする人は多いのではないでしょうか。しかし、過度な心配やこだわりを持ってしまうことで、精神に大きな負担をかけてしまうのが強迫性障害です。この病気の症状はある程度傾向が見られるものの、人によって様々で、自分では気がつきにくい病気でもあります。

この病の主な特徴は強迫観念と強迫行為です。強迫観念は、不安や心配ごとが頭から離れなくなってしまうことです。強迫行為は不安や心配ごとを払いのけるために行うことです。例えば、強迫性障害でない人でも「自分は潔癖なタイプだ」という人がいます。誰かが触ったものだから汚いかもしれない、ばい菌が付いているかもしれないというのは、簡単に言えば強迫性障害でいう強迫観念にあたり、何度も手を洗ったり、何にでもアルコールスプレーなどをかけたりする行為は強迫行為にあたるのです。単なる潔癖の人であれば、汚いと感じたら洗ってしまえば済むのですが、強迫性障害の人は何度も同じ考えが頭に浮かび、洗ったりする行為を止められなくなってしまいます。強迫性障害は二通りのタイプがあると言われています。一つは自己完結型と呼ばれ、不安を抱え込んで何度も強迫行為を行ってしまう人です。もう一つは巻き込み型と呼ばれ、自分だけに留まらず、他人にも手洗いなどの強迫行為を求めてしまう場合があり、人間関係を壊してしまう恐れもあります。

WHO(世界保健機関)では、この強迫性障害を「生活上の機能障害を引き起こす10大疾患」としてピックアップしています。つまり、この病気は日常生活に大きな支障をきたす病気だと世界的に認められているのです。何度も強迫観念や強迫行為を繰り返すうちに、それが意味のないことだと分かっていても止められなくなってしまい、日常生活がまともに送れなくなったり、周囲の人に強迫観念を押し付けてしまい、人間関係を悪化させてしまうこともあります。考え過ぎが止まらなくて疲れている、職場や家族などと人間関係を上手く作れなくなってしまったといったことがあれば、専門家の受診をおすすめいたします。いまは数多くの専門機関があるので、そこにいき強迫性障害の治療を進めることが可能となっています。

おすすめリンク集

  • うつ病サプリ

    鬱の診断に関することを参考にしておきたい人もいるでしょう!ここなら誤解を避けるための内容が記載されています。
女医

キッカケを知る

強迫性障害の特徴は複数ありますが、中でも結構多いと言われているのが加害恐怖という症状になります。症状には様々なポイントがあるので、自分に当てはまるかどうか日頃から確認しておきましょう。

聴診器

自分で気づかない

強迫性障害に見られる症状は、日常生活で行なう事からかけ離れた行為をするわけではないので、自分では気づいていない可能性もあるようです。しかし、日常生活に支障をきたしている場合もあります。一度自分の行動を見直してみましょう。